FC2ブログ

わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠)・次男ムサシ(2011年3月永眠)と三男マカロン(2019月永眠)、四男アンディ(2020年1月永眠)…みんないなくなってしまい、いよいよコッカーのいない生活が始まるか?と思いきや2020年2月末に新しく五男ゆうを迎え、またもアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいなわんダフルぅ~な家族です♪

手術は無事終わりました。 

2010/08/21
Sat. 21:33

自分のこんなつまらないブログでも読んでもらえてて、私達家族を見守り応援して
下さっている方々がいてくれることがわかり、本当に嬉しくて。。
いろんな方から頂いたコメントに思わずウルっとしています。

朝9時半に病院へ行きムサシを先生に預けお願いしてきました。

手術するにあたって、前から経過観察をしていた
「背中側ってのがあまり良くなくて気になるけどとりあえず様子を見ましょう」と言っていた
背骨の左側にくっついてできていたドーム型の腫瘤と、
「これはたぶん脂肪のかたまりだからほっといても平気!」と言っていた胸のシコリも
「今回手術で全身麻酔するから、今後、心配要因になるかもしれないものは、この際全部
 取っておきましょう!」と3ヶ所の腫瘤切除をすることになりました。

静脈の確保や血液検査、手術のための薬の投与や、午前中の他の患者さんの診察を済ませた
午後1時30分から手術開始。
夕方の5時、午後の診察が始まる時間に電話をかける約束になっていました。

「手術は無事終わりました。」
ひとまず安心しました。詳しいことは病理検査結果が出る約10日後にしかわかりません。
電話をかけたときのムサシは、麻酔から少し醒めてトロ~んとしていたようです。

自宅に連れて帰ってもいいけど同居犬と動き回ったり、飛び乗ったり飛び降りたりするのは
危ないから…と先生が「一晩入院させたほうがいいね。」と言うので先生の病院兼自宅にお泊まり。
私が連れて帰っても、きっと「良く頑張ったねー!!」とご褒美のおやつをたくさんあげそう(笑)
なので私からもお願いしました。もし、何かあっても先生のご自宅なので安心できます。

ホントはすぐにでも会いたくて飛んで行きたい気分でしたが、ここはグッとガマンです。
ムサシも私達の顔を見たらクンクン泣いて帰りたがるし「ここから出せ~!!」と暴れること
間違いないから。。

明日の午前中に迎えに行ってきます。



DSC02667.jpg
だそうで、異常なぐらい静かなジェリーであります。


ご心配をおかけしたみなさま、応援して下さったみなさま、
本当にありがとうございました。


検査結果のことは考えず、今は手術が無事に終わったことを素直に喜びたいと思います。




●●●●●●●●●●●●
いつもありがとうございます。

DSC01519.jpg

  
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村



[edit]

CM: 11
TB: 0

page top

2010-08