FC2ブログ

わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

秋のお楽しみ♪♪ 

2012/09/20
Thu. 20:25

台風!?って思うような風がびゅうびゅう吹いたり、すごい雷がなったかと思ったら
突然バケツをひっくり返したような大雨が降ったり、かと思えばカンカン照りになったり
めまぐるしく天気が変わる日が続いていた名古屋の北のはずれでしたが、
今日はとってもいいお天気!!
朝から掃除して、お洗濯して、花木の手入れをしました~ヽ(´▽`)/

昨日までちょっとしか花芽を出していなかった秋のいちばんのお楽しみ

CIMG2338_20120920191608.jpg

白いヒガンバナ!!にそっくりなお花(笑)
実は、正確には白いのはヒガンバナじゃないんですね~。
正式には「ネリネまたはリコリス(別名ダイヤモンドリリー)」と言ってヒガンバナ科の
別のお花です。


ヒガンバナと言うのは桜やチューリップ、バラと同じように大きなくくりの名前で、
一般的にヒガンバナと呼んでいる赤いのは、桜でいうソメイヨシノみたいなものかな。
ちなみに「Lycoris radiata var. radiata」というのが学名でこちらも「リコリス」でした。
白いものでも色々種類があるようで、よく見かけるのはショウキズイセン(鍾馗水仙)と
ヒガンバナの交雑種のようです。
(別のお花って言うのはちょっと違うような気がしたので調べ直して記事訂正しました。)
お彼岸の時期に咲くから「彼岸花」で、赤いのは「マンジュシャゲ(曼珠沙華)」
白いのは「シロマンジュシャゲ(白曼珠沙華)」とも呼ばれるようです。
ま、赤でも白でも黄色でもヒガンバナはヒガンバナってことですね。


去年はがっかりするくらい花が咲かなかったけど今年は期待できそう(*^-^*)
一足先に咲きそうなこれも白だったかな?

CIMG2337.jpg

反対側の椿の根元に植えてある正真正銘の赤いヒガンバナはまだ一つも花芽が出てません。
白と赤でこんなに時差があったかなぁ。。

そして、4年越しでようやく手に入れた

CIMG2336.jpg

イエロー&ピンク&オレンジのリコリスの球根!!
なぜかイエローの1本だけがぐんぐん伸びてます(^_^;)

春から夏にかけてはバラ、秋はなんと言ってもヒガンバナ科のお花達。とっても楽しみ~♪

あとは、やらなきゃやらなきゃ~っと思ってたコチラ

CIMG2339.jpg

茎があらぬ方向へ四方八方に伸びていた多肉植物の手入れ。
短く切って先を土に差して、ちぎれた葉っぱは土の上に並べておくと

CIMG2354.jpg

ちっちゃいけどいっちょまえな形の芽を出します(*^m^)
20年ほど前から育てているので、この子がもう何代目の子かわかりません(笑)

子供のころから草花が好きでそのまま大人になったので楽しくてしょうがない♪
商業高校行かずに農林高校行けば良かったかな(笑)



さてさて、オッサンずですが、お昼のトイレタイムにさっそく帽子をかぶって~(*>∇<)ノ”

CIMG2340.jpg

お出かけではなくトイレのみですがw

CIMG2341a.jpg

キミは朝ごはん食べてないのになんでそんなに快便なんですか!!(羨ましいけど…)
で、出すもん出したら

CIMG2353.jpg

そして3時のオヤツも食べ、夜は夜でしっかり食べた茶色いオッサン。。
ちゃんと朝食えよっ( ゚皿゚)キーッ!!










●●●●●●●●●●●●
ご訪問ありがとうございます。

CIMG2160.jpg ←応援ぽちお願いします♪
にほんブログ村



スポンサーサイト

[edit]

CM: 7
TB: 0

page top

2012-09