FC2ブログ

わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠)・次男ムサシ(2011年3月永眠)と三男マカロン(2019月永眠)、四男アンディ(2020年1月永眠)…みんないなくなってしまい、いよいよコッカーのいない生活が始まるか?と思いきや2020年2月末に新しく五男ゆうを迎え、またもアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいなわんダフルぅ~な家族です♪

一応問題無く。 

2015/02/10
Tue. 16:04


「明日手術です」って言ったまま放置してしまいました。サボり癖がなかなか治りません(^_^;)

ジェリーの腫瘤&イボ切除手術は一応無事に終わりました。
心配して下さった方々には、心からありがとうございましたとこの場を借りてお礼申し上げます。


さて、いつも寝てるだけとは言え、部屋に2ぴき寝ているのと1ぴきしか寝ていないのでは
何かがものすごく違う。いびき音じゃなくて(笑)

CIMG9165.jpg

ムサシが5回の手術、マカロンが1回の手術と胃カメラで全身麻酔1回、ジェリーが今回で4回目
(うち1回は歯石取り)と、もう11回も全身麻酔での手術や治療をお任せしている先生で信頼してるし、
開腹するような大がかりな手術でもない。表面の腫瘤を切り取って縫い合わせるだけ。
だからそれほど心配もしない。マカロンと一緒に昼寝なんかもしちゃったりした(*^m^)
ムサシが3回目の手術で出た病理検査結果で悪性黒色腫(メラノーマ)と判明し、それまでに
取った腫瘤も悪性黒色腫だったと結果がくつがえり、すぐに断脚手術をしなければいけなくなった。
そのときは気が気じゃなかった。
ムサシのことがあったから今の私は手術に対してある程度余裕でいられるのかもしれない。

夕方迎えに行くと先生が「ジェリーちゃんはもうこれで最後の手術にしましょう」って言うもんだから、
私も思わず「私だって毎回これがもう最後の手術!って思ってます。」って返したが、
どうやら手術を始めて10分たたないうちに急に不整脈が出だしてずいぶん大変だったらしい。
「今の麻酔方法や麻酔薬はすごく良くなってるから、心肥大や心雑音くらいだったら全然問題ない
んだけど不整脈はダメ。危なすぎる。」とのこと。
去年の検診でも不整脈なんて無かったのに。。これも老化なのかな。
予定していた他のイボの切除と右耳の奥の処置はやらずに早々に切り上げたそうです。
当のジェリーは診察台の上で大暴れ( ̄Д ̄|||)
だから↑の先生との会話も暴れるジェリーを抑えつけながら汗だくでした(笑)

帰宅後は暴れまくって疲れたのと麻酔から醒めてぼんやりしてるのがまだ残ってるので
すぐにうとうと寝てしまいました。

CIMG9175.jpg

皮膚に余裕が無い場所だから縫ったところが開いてしまわないようにテープでぐるぐる巻きに
してありました。キズが治ってきて痒くなってもこれならカミカミできないので安心。

CIMG9172.jpg

疲れちゃったね。お疲れさま(*^-^*)

CIMG9176.jpg

マカロンもいつの間にか寄ってきて

CIMG9177.jpg

やっぱり1ぴきより2ぴき。一緒がイイね♪

CIMG9180.jpg

んもう~可愛いっ(≧m≦)!




ところで、この前こんな記事が新聞に載ってました。

CIMG9190.jpg

ハチ公だってお父さんと一緒がイイよね♪写真見てうるっとしちゃったよ。。。(p_q*)
昨今、目を覆いたくなるような事件ばかりの中ですごくほっこりする記事でした。


ジェリーにもうあんな大きくなるようなおできができないと良いんだけど…。
ってか、他の子にも明らかにイボじゃないあんなおできできたりしてるのかなぁ?

この先、ジェリーに万が一癌ができても手術できない。どんどん大きくなる癌を目の前に
どうすることもできないのか…と、考えたくないけど一抹の不安は消し去ることができません。


●●●●●●●●●●●●
ご訪問ありがとうございます。

ぽちっとしてね♪ ←応援ぽちお願いします♪
にほんブログ村



[edit]

CM: 2
TB: --

page top

2015-02