わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

再検査の結果。 

2010/05/15
Sat. 20:55

5月13日の木曜日は4回目の抗がん剤投与でした。
いつも朝9時から夕方6時までの日帰り入院です。

DSC01409.jpg
出かける前の超リラックスモードのムサシ
「おなか撫でさせてあげる~」という感じです。




肺レントゲンの再検査しました。
結果からいうと「なんとも言えない…。」ということしかわかりませんでした。
確かに今回のレントゲン写真にも同じ場所に丸く白い影がうつっています。
前回が、11.4ミリ。
今回が、11.6ミリ。
「0.1ミリ単位は多少誤差が出ます。」とのことなので、ほとんど大きくなって
いないようです。
すでに3回の抗がん剤治療を受けているわけですから、抗がん剤が効いていて
大きくなっていないとも考えられます。

丸く白い影が、『ガン』なのか『別のもの』なのか、どうやって見分けるの?
あの疑問に思っていたことを、K先生に素直に聞いてみました。
調べようがないんだそうです。
だから結果は「なんとも言えない…。」なのです。
ただ、ガンにおいては他の病院から紹介を受けて治療するK先生が
「なんとも言えないけど、転移と考えたほうがいい。」とおっしゃるんだから
きっとそうなんでしょう。
これから毎月一度のレントゲン検査で様子を見ることになりました。
とりあえず、余命何ヶ月という話はありませんでした。


DSC01410.jpg
一日がかりの抗がん剤治療でお疲れ気味のムサシ



救いなのは、抗がん剤の効果があったとしても3週間たっても大きさが変わって
いないというところです。
以前、左前足にできたガンはほんの1週間で見違えるほど大きくなっていたことを
考えると、まだまだ大丈夫かも?と希望を持ってしまいます。
そう思うと、心なしか元気そうに見えてきます。
しんどそうに見えるのは、私がちょっと心配しすぎて甘やかしたせいで、1kgも
太らせてしまい片方しかない前足に負担をかけることになっていたからかもしれません。
犬は体重の70%を前足で支えてるんだそうです。
断脚する前に頑張って10.5kgまでダイエットしたのに、今は11.6kg。
ムサシは右足1本だけで約8kgを支えていることになります。
運動不足で体力が落ちると抵抗力も落ちることになるそうなので
散歩のときは多少しんどそうでも抱き上げずに歩かせるようにしないと。


DSC01418.jpg
お疲れで寝てたくせに、カサッと袋の音でパチッと目を覚ます



先週、ノエルさん、マナママさん、コイケさん、いろんな方に心配していただいて、
メールやコメントをもらいました。
本当にありがとうございます。この場を借りてお礼を申し上げます。
心配ばかりかけてごめんなさい。

まだまだこれから!頑張ります



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://okuya717s.blog49.fc2.com/tb.php/16-6c843906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10