わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

お参り。 

2010/05/23
Sun. 13:32

昨日の夕方、長楽寺というお寺にお参りに行ってきました。
私の実家から歩いて15分くらい(車で3分)のところにあるお寺なんですが、
実は、ここにムサシの断脚した左前足が供養されています。
断脚手術後、病院から「別途費用がかかりますが、供養されますか?」と
聞かれ、迷うことなくお願いし、病院のほうですべて手続きしていただきました。

今現在は名古屋の北のはじっこに住んでいます。病院も自宅の近くなのに、
偶然にも名古屋の南のはじっこのにある実家のすぐ近くのお寺に供養して
いただいていたのです。

30年以上、同じ区内に住んでいたのにまったく知らなかったんですが、
この長楽寺というお寺には、長楽寺動物霊園というペット、動物の火葬・葬儀・
供養を行う施設があり、盲導犬の供養もしていて、他県の方にはなじみが
薄いかもしれませんが、あの『名犬サーブ号』もここに眠っているそうです。
●サーブ号についての詳細はこちら→ 名犬サーブ号の略歴   
また、事故にあった飼い主がわからない猫ちゃんや、野良猫ちゃんも供養して
いるようです。
●長楽寺(長楽寺動物霊園)のホームページは→ 長楽寺動物霊園
●スタッフの方がブログもやっていらっしゃいます→ 長楽寺動物霊園ブログ

お参りの話に戻りますが、断脚してから4ヶ月近く。
実家には行くもののお寺まではなかなか寄ることができずにいました。
本当はもっと早く行かなくちゃいけなかったのですが、“霊園”と聞いて
ムサシは生きているのに霊園にお参りなんて…と躊躇していたのです。

ジェリーは実家に預け、ムサシだけ連れてお寺に出かけました。
DSC01505.jpg


動物霊園内では、ペットを亡くし見送る方々や法要の方々がたくさん
いらっしゃいました。なかには号泣している人も。。
合同慰霊碑と盲導犬慰霊碑、立木観音堂にお線香をあげお参りして
きました。


絵馬を買ってお願いして帰ってきました。
DSC01503.jpg

DSC01504.jpg




これからは実家に行った時には、出来るだけお参りに出かけようと
思っています。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://okuya717s.blog49.fc2.com/tb.php/21-e1c59873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。