わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ピロリ菌除菌成功! 

2014/10/01
Wed. 17:52


祝!ピロリ菌除菌成功!!でございますヽ(*^-^)人(^-^*)ノやったネ!

CIMG8437.jpg

この前の内視鏡検査ではどの部分を見てもうじゃうじゃいたピロリ菌が、今回の内視鏡検査では
前回の倍以上の場所で確認してもピロリ菌はいませんでした~!

やっぱりこれも効いたかな?
弱い薬しか使えなかったので、

CIMG8393.jpg

テルちゃんに「ためして○ッテンで、LG21がピロリ菌に効くってやってたよ~」と聞いて、ヨーグルトなら
犬にも良いかな?と低糖・低カロリーのものもあったのでそれを毎朝少しずつ飲ませていました。
(人間で一日1本なので13kg弱のマカロンには一日1/4本分にしました)

とりあえず良かったです。
でも、胃内のポリープは変化なし(TωT)

CIMG8434.jpg

ただ、「写真で見るとすごく大きく見えるけど、実際は2~3ミリ程度なんだけどね」って。
え?そうなの?じゃ、ニキビくらいなんだ~とちょっぴりホッとしました。
人間でも4mm以下のものは経過観察で特にいじらないそうなので、この位の大きさなら
そんなに心配ないようです。
リンパ管拡張症もあるにはあるんだけどそっちも今のところまだ大丈夫みたいですが
胃酸を抑える薬はしばらく続けることになりました。

ジェリーのガン検診の結果は…ガンなど腫瘍の心配は無し。

CIMG8441.jpg

ま、いつもの変形性脊椎症(少し悪化)と副腎の正常範囲超え(正常値は6mmまで。ジェリーは7.6mm)。
副腎が大きくなる異常は、クッシングという病気の前兆で多飲多尿がサインです。
頻尿君のジェリーはもう何年も前から「要観察」状態が続いているので、これ以上悪くならなければ
いいかな~って感じです。
クッシングの治療についても「治療している子と治療しなかった子で寿命は大して変わらない」という
学会の報告もあるそうで、毛が抜けてハゲあがってきたり、お腹がポコっと出てきたりそんな重度の
症状が出てきてから考えることにしました。

それと、以前は心臓肥大があったんですが、なぜか少しちっちゃくなってスッキリしましたって(笑)
「僧帽弁の逆流があって心雑音も認められます」だって。あちゃ~ジェリー、キミもなのね。。
でも、まだまだ薬を飲まなきゃいけないほどではないようなので大丈夫かな。

ま、2ぴきともおおむね良しとしよう。

CIMG8440.jpg

お疲れさまでした~。



ジェリーの2段イボも「あ、これね。イボが伸びてきてるだけ(笑)」だってさ~(; ̄ー ̄)






●●●●●●●●●●●●●
ご訪問ありがとうございます。



ぽちっとね~♪ ←応援ぽちお願いします♪
にほんブログ村



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。