わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

予想外の展開。 

2015/06/21
Sun. 01:16


前回記事の最後にチラッと書いた話の報告です。
怖いよ~とドキドキしながら病院へ行ったんです…行ったんですが、結果から申しますと
手術はできませんでした。

最初に電話で予約をしたときに「その日のうちに切除手術しますので~」と言われて、「え?そうなの?」と
思いつつ、ま、いろんな症例いっぱい診てるだろうし、イボとかほくろ除去とかケロイド跡治療もやってるし、
二重瞼とか目頭切開などの美容外科手術もやってるからね~脂肪のかたまり取るくらい簡単なのかな?と
思ってました。

でも、

先生は一目見るなり「これは、ちょっと・・・」と。
それからちょっとだけ触診して、

悪いものではないと思うけど、こういうのは見たことがない。
ここまで大きいと場所的に切除するとき鼻涙管を傷つけてしまうかもしれないし、もしかしたら
鼻涙管を巻き込んでる?癒着してる?かもしれないから形成外科では手術できない。
下手したら顕微鏡などの医療器具を使用しての手術になるかもしれないから、大学病院の眼科で
専門分野のプロフェッショナルに診てもらったほうが良い。
これ以上大きくならないようならこのまま触らないほうがいいと思うが、大きくなるようなら早めに
取ったほうが良い。

というようなことでした。

なんだかあまりにも予想外のことに、自分が直面している状況についていけず「はぁ、そうですか」
としか言葉が出てきませんでした。

地域医療の連携?提携?をしてないから?紹介状を書くシステムがその病院にないのか事情は
よくわからないけど、「紹介状は出せない」と言われて、やっと出てきた私の言葉は
「え?大学病院って紹介状なしでも診てもらえるんですか?」でした。。

・・・ということで、緊張と不安でいっぱいになりながらも「やっと今日ですっきりできる!」と
手術する気まんまんで行ったにもかかわらず、結局また病院たらいまわしなのね。。とがっかり。
だからと言って、ゆっくりではあるけど確実に少しずつ大きくなるからこのままほおっておくわけにも
いかないしなぁ。。それでも紹介状もなしにいきなり大学病院もねぇ。。

まさか、こんな大事になるなんて思ってもみませんでしたよ(ρ_;)

CIMG9718.jpg
CIMG9717.jpg
(文章だけじゃアレなのでオッサンずまったり画像入れてみました)

なんだかなぁ。。

本当に大学病院の眼科で専門分野の先生にっていうほどのものなんだろうか?本当に?大げさじゃ?
・・・っていうのが本音。
痛くも痒くも違和感も無いし、視力が下がったとか、涙が止まらないとか、目やにがひどいとか一切ないし、
劇的に大きくなったわけでもないし、実際に調べたら、ただの皮下脂肪腫で大したことなかったって
オチじゃないだろうか。





●●●●●●●●●●●●●●
ご訪問ありがとうございます。


CIMG2114.jpg ←応援ぽちお願いします♪
にほんブログ村



[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。