わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

手術延期。 

2015/10/22
Thu. 16:08


朝から絶飲絶食で手術のつもりで病院に行ったけど、先生も手術の準備してくれてたけど・・・
血液検査の結果が良くなくて手術延期となりました。

CIMG0236_20151022145707552.jpg

「採血してから15分以上経ってるのに血液が全然固まってこない」とスライドガラスに薄く延ばしたものを
見せてもらいましたが、見事に固まってませんでした。危険すぎて手術できないとのことです。
おかしいなぁ~少しずつ良くなってきてたのに・・・なんでまた悪いほうに逆戻りなの?
エコーで脾臓チェックもしました。また大きくなってました。
9月18日最初に見つかった腫瘤が2cm→2.5cm→2.8cm→3.3cm(今日)。
その後9月29日に見つかった腫瘤が2cm→2.3cm→2.8cm(今日)。
脾臓の腫瘤が破裂するまでには多分まだ余裕があるけれど、何かの拍子に破裂してしまったら
手の施しようがなくなる。
「せっかく小さいうちに見つけたんだから、早く手術して取りたいんだけどとにかくこの状況じゃ無理」
思うようにいかなくて、先生も悩ましいところだと思う。

薬をちょっと強力なのに変更して、さらに26日の月曜日に半日入院して点滴治療することになりました。

DSC_0116.jpg
血液検査の結果が出るまで車で待機中。

それと、私がずーっと「ま、こんなもんなのかな?」と思っていたジェリーの普通?年齢相応の元気?
具合はやっぱりちょっと違うらしくて、ステロイドを飲んでたらもっと元気になるらしく、年を取って少し
弱ってきた感じの子が「あれ?ちょっと若返った?」ってくらい元気になるみたい。
ジェリーにはそれがない。
家では↓んなふうにほとんど寝てるだけ。

CIMG0231.jpg

なんだけど、オヤツやごはんのときは

CIMG0234.jpg

ちょっとだけシャキーンってなるし、相変わらずテレビにギャン吠えで向かっていく勢いはある。
ただ、トイレで外に連れ出したときには以前ならグイグイ引っ張っていく子だったのに、今はトボトボ。
元気なんだか元気じゃないんだか判断しづらい。

貧血をなんとかして、手術で脾臓を取って、アジソン病の薬を飲み続けていたら前みたいな
「いい年なんだからもうちょい落ち着いたら?」っていうくらいのジェリーに戻れるんだろうか。

CIMG0233_20151022145710ec5.jpg

ちょっと前まではマカロンのほうがおとなしめだったのにねぇ。



なかなか良い方向に向かわなくて「なんでこうなっちゃうのかなぁ~」って気持ちでいっぱいですが
焦っても状況は変わらないので、あとはジェリー自身のわんこ力を信じて見守るしかないですね。

ムサシの断脚手術のときにだってちゃんと頑張れたんだもの、今回だって大丈夫!
心配&応援してくれて本当にありがとね。




●●●●●●●●●●●●●
ご訪問ありがとうございます。

ぽちっとしてね♪ ←応援ぽちお願いします♪
にほんブログ村




[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

準備してたのに今日は残念でしたね(>_<)
新しいお薬が効いていいコンディションで手術できるようになりますように、そしてきっときっと良くなりますようにお祈りしています!
ジェリーくんの力、私も信じてます!頑張ってくださいね。応援してます!
ジェリーくんもお薬イヤイヤしないで頑張って飲もうね〜かぼちゃ団子美味しそう!いちごさんの愛情♡感じます(*^^*)

スパのあね #Vo8l/aMc | URL | 2015/10/22 22:36 * edit *

そっかぁ~
心の準備もしてて、それは悲しいね。。。
血液が固まらないのは、怖いよね、ちゃんと検査して万全な体制で手術で様になりますように。
来週まで、貧血良くなるといいね。

べんつも、お爺ちゃんになった~ってすごく感じる、寝てることも多いし
散歩も行きたがらないし、もうすぐ14歳マイペースで過ごさせてあげたい
そんな気持ちだよ、ジェルー君も「食べたい」気持ちがあるうちは、絶対頑張れるよ!!

みそべん #cwykLIMM | URL | 2015/10/23 10:03 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-07