わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

きっかけは袖口が片方しか無いセーター。 

2016/12/28
Wed. 15:40


わんこセーターを編み始めて、今年で6年。
私が最初に編んだセーターは、悪性黒色腫(メラノーマ)のせいで左前足を失くしてしまったムサシの
ためのものでした。

20110111f.jpg
20110111b.jpg

左側の袖口に通す足がなく、既製品の犬服だとポッカリ穴が開いた状態で、切ないのと風通しが
良くなってしまい寒そうなので、片方袖口のないセーターを編もうと思ったのがきっかけ。
母ちゃんは裁縫は不得意だけど、編み物ならそこそこできる。自分で作ればイイんじゃん!と、
ムサシのために最初の1枚を編んだわけです。

すぐに売り切れちゃうcoccasanのスヌタンをジェリーとムサシの分2枚をGETできたとき、無理を
お願いして、ムサシのは袖口のないスヌタンにしていただきました。

DSC04458.jpg

ナラママさんにも、あーでもないこーでもないと相談を持ち掛け、いろんなものを作っていただきました。

DSC02221.jpg

結局、どれも数えるくらいしか着ることはなかったけれど、今でもまだ捨てられずに全部保管してあります。


ムサシは私たち家族だけじゃなく、いろんな方からも応援してもらいました。本当に感謝しかありません。

5年前に私が「ムサシに片っぽ袖口のないものを」と思ったように、きっとどこかでそんな思いをしている
人がいると思うんだよね。
だからね、事情があって体の一部に障害があっても、その子に対応したわんこセーターを編んであげたい。
リンパが腫れあがってるから胸回り・首回りがゆったりしたものがいい、ケガや病気で前足が片方しか
なくなっちゃったから袖口が片方だけのがいいとか…どんなことでも無理言ってくれていい。
私が他の作家さん達に希望を叶えてもらったように、私も(下手くそな安物セーターで申し訳ないけど(笑))
一生懸命考えて頑張って編むから、遠慮なく相談して欲しいと思っています。

わんこセーターを編むきっかけを作ってくれ、里親になる幸せを最初に教えてくれたのもムサシ。
いろんなことをたくさん私に教え、与えてくれた。本当にありがとね。
今さらだけど、ムサシのために無理を聞いて下さったYOUさんとナラママさん、ずっと応援してくれてた
画面の向こうの方々…本当にありがとうございました。今でも感謝の気持ちでいっぱいです!




今だったら、もっとカッコいいセーター編めたんだけどなぁ…(;´д`)



 わんこセーターのご注文は↓
セーター注文
   画像をクリックしてね♪



●●●●●●●●●●●●●●●
ご訪問ありがとうございます。

ポチっ♪ ←応援ぽちお願いします♪
にほんブログ村



[edit]

CM: 3
TB: --

page top

コメント

そんな事ないよ。
いちごさんの愛情十分わかってて、絶対感謝してる
間違いないよ。

みそべん #cwykLIMM | URL | 2016/12/28 16:26 * edit *

いちごさんの愛がたっぷりこもっているセーター
きっと届いているはずです(σ≧▽≦)σ

かなこ #- | URL | 2016/12/28 23:07 * edit *

■お返事

>みそべんさん
ムサシにもべんつ君にも、もっと何枚もセーター編んで
あげたかったなぁ。

>かなこさん
マフィン君のも愛情たっぷりこもってるからね~(*^_^*)

いちご #- | URL | 2016/12/30 15:37 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-07