わんダフル家族

アメリカンコッカースパニエル中毒(笑)のいちご母ちゃん。ドラキチ父ちゃんを巻き込み、アメコカにどっぷり浸かった毎日。長男ジェリー(2015年11月永眠/血管肉腫)・次男ムサシ(2011年3月永眠/メラノーマ)と三男マカロン、そこに四男アンディも加わり、ときどき登場する実家のお嬢さんずとわらわらアメコカまみれの笑いあり涙ありの仲良し幸せいっぱいわんダフルぅ~な家族の記録です♪

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ムサシのガンについて(4) 

2010/04/30
Fri. 18:44

DSC01238.jpg
2人で何を見てるの?(姪っ子とムサシ)

断脚してから3ヶ月がたちました。
病理検査の結果、リンパ節への転移はありませんでした。
3本足でも上手に“お座り”もできるし、たまにコケるけど歩くことも
階段の昇り降りもできます。

(右側に動画がはりつけてあるので良かったらご覧ください。画面を
 クリックすると再生します)



B動物病院からM先生がいなくなってしまったことが、断脚手術前から
なんとなく考えていた
院長先生がやっていらっしゃるC病院への転院
決定づけてしまいました。
実は、そのC病院、B病院よりも家から通いやすい場所にあったんです。
毎週末、食材を調達に出かけるスーパーのすぐそば(笑)
なんで気がつかなかったのかなぁ。大きく看板も出てたのに。
院長先生にお願いして転院させてもらうことにしました。

院長先生(=K先生)のいるC病院で約1ヶ月に一度のペースで抗がん剤治療を
受けています。
心配していた副作用はまったくなく、順調…と言いたいところですが、
先週の4月22日の3回目の抗がん剤治療といっしょに、手術から3ヶ月目の
レントゲン検査をしたときに、右肺に転移と思われる白い影
うつっていました。
「間違いであって欲しいけど…。」とK先生。
間違いであって欲しいのはやまやまなんですが、ガンが再発したときから
なんとなく“転移”の覚悟はしていたので、ショックはショックで少しは
泣きましたが、前のようにドン底まで落ち込んで泣き暮らすことは
ありませんでした。
断脚手術のときに涙が枯れるくらい泣いたので、もうなるべく泣かないように
決めたんです。
わん’sたちも私が泣いてばっかりいたら楽しくないだろうしね。

次の抗がん剤治療のときに再度レントゲンを撮ってどれくらい大きくなって
いるかを確認します。
レントゲンの“白い影”が、ガンかどうかどうやって判断できるんでしょうね


これでムサシの現在の状況に追いつきました。
ガンのことばっかりじゃなく、楽しい記事もどんどん書いていきます

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://okuya717s.blog49.fc2.com/tb.php/7-503f483b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。